NEWS

お知らせ

2017年9月26日
プレスリリース

Tech In Asia Tokyo 2017のArena Pitch Battleのセミファイナルに出場決定 !

クラウド型臨床試験支援システム「どこでもフォーム®EDC」を開発運営するスタースフィア株式会社(神奈川県川崎市、代表取締役:バンマーネン スティーブ、以下スタースフィア)は、アジア最大級のテクノロジーイベント、Tech in Asia Tokyo 2017のブース展示に参加します。また、投資家と企業を結び付けるコンテスト形式のArena Pitch Battleのセミファイナルに選ばれましたことを発表いたします。

医療業界における今までのデータ収集の常識を覆す新しいコンセプトのシステムを提供しているスタースフィアは、本日、アジアの最大級スタートアップ向けのカンファレンスイベントで、日本のマーケットに注目している世界中の人々や、グローバル展開の機会を求める日本の方々に向けたイベントTech In Asia Tokyo 2017に参加することを発表いたしました。私たちは、データの収集・分析で変革を起こし、より安全で効率的な治療を、必要な人により早くお届けすることを可能にします。

スタースフィアは、アジアで最もイノベーティブな会社150社に選出されました。そして、Tech In Asia Tokyo2017で最も参加者の多いイベントであるArena Pitch Battleのセミファイナルに選ばれ、当日投資家や聴衆の皆様へプレゼンテーションを行います。尚、今までにこのArena Pitch Battleのファイナリスト達はおよそ1億ドル以上の資金をこのイベントを通じて調達しています。

【スタースフィア株式会社について】
スタースフィアは、2012年アプリ開発事業設立後インフラ事業を主たる事業として立ち上げ、より良く、より安全な治療をいち早く必要な人々が享受できるよう、ライフサイエンスにおけるデータの収集方法、分析方法、使用方法に常に変革を与え続けることを理念に、日本初の製品となる「どこでもフォーム®EDC」を独自に開発、2015年12月に受注、2016年7月にサービスの提供を開始しています。
「どこでもフォーム®EDC」は、新薬開発にかかわる臨床試験や製造販売後調査、治験のデータ管理に用いられるEDC(Electronic Data Capture:治験で得られた臨床データを管理する)システムをクラウドサービスとして提供するものです。従来のEDC製品と比較して、初期投資の大きな負担なく、短期間で導入できるのが特徴で、製薬業界だけでなく、学術研究の場や創薬ベンチャー企業にとっても導入しやすいサービスとして提供しています。

【About Tech in Asia Tokyo 2017】
日時:9月27日・28日、9:00-17:00
会場:ベールサール渋谷ガーデン

Website: https://www.techinasia.com/events/tokyo
Hosted by: Tech in Asia