機能一覧

プロトコル準備

プロトコル設定

同時に複数の臨床研究を実施する際、プロトコルを切り替えることで必要なプロトコルに瞬時にアクセスできます。

それぞれのプロトコルで必要な権限を一つのアカウントに割り当てることが可能です。

有害事象が確定した後、有害事象報告書を自動的に事前に設定したメールアドレスにPDF化された有害事象報告書を添付してメール通知することができます。

Visitの設定やVisitの期間や次回訪問日管理などを簡単に行うことができます。

フォーム設定

ロジカルチェック付きのフォームを簡単にドラッグ&ドロップで設定することができます。

V2.1からはクロスフォーム(他のフォームの値参照や他のフォームで入力した数値項目を使って自動計算など)機能もお使いいただけます。

eCRF提出時、クエリー回答時など運用に合わせてフォーム毎にメール通知設定を行うことができます。

参加医療機関設定

参加する医療機関との契約情報を登録します。

 

臨床試験管理事務局のロールを持っているユーザは分担医師やCRCなど医療機関内のユーザを登録することができます。

カスタム権限設定

システムが標準で用意するロールとその利用可能機能を変更したり、新規にロールを設定することができます。

 

医療機関(医師・CRC)向け

被験者・症例一覧

被験者一覧では被験者の列で検索と並べ替えが簡単に行えます。

被験者のステータスは下記の通りです。

  • 登録中
  • スクリーニング結果(適合・不適合)
  • 症例登録センター登録中
  • 調査中・中止・完了
  • ロック

医療機関内のスクリーニングの不適合数、中止数、有害事象数などのプロトコルの進捗を一目で確認できます。

  • 被験者毎に個々の症例報告書(eCRF)のステータスを一目で確認することができます。

クエリー発行のあるeCRFへワンクリックで移動することができ、eCRF入力に係る時間を短縮することができます。

症例報告書登録

症例報告書入力時にはあらかじめプロトコルで規定されているデータの基準値や入力条件に基づいたロジカルチェック機能があるため、より正確なデータ入力をストレスなく行うことができます。

DM向け

データチェックとクエリー発行

医療機関での入力では事前にロジカルチェック付きで提出されたデータですが、更に医療機関に確認していく項目・事項があった場合はクエリー発行を行いデータの確認依頼を簡単に行えます。

PDFやCSVでデータの出力を行いデータ確認などの業務での使用をサポートします。

進捗管理

プロトコル全体のデータ出力はもとより、様々な視点で進捗状況や有害事象の状況を把握することができます。

医療機関毎に被験者一覧を表示し、被験者ごとの進捗を一目で把握することができます。

各種設定

システムからの通知設定

ログイン画面にシステムメンテナンス予定のアナウンスやその他運用に合わせたメッセージを表示し、ユーザにお知らせを通知することができます。

パスワードポリシー

使用する文字の種類とそれぞれの最小文字数、有効期限(日数)を設定し、組織内のパスワードポリシーに準拠した運営をサポートします。

デモモード

デモモードにするとメールサーバーはダミーサーバーとなり実際にメールを送ることはありません。

Upcoming

中央検査値

中央検査値のインポート機能をを使って医療機関での入力の手間を省くとともに入力ミスを減らします。

お問合せ
住所: 〒213-0012
神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1
かながわサイエンスパーク内

Email: support @ starsphere.jp
Phone: 03 - 4578 - 1386

      「どこでもフォーム🄬」はスタースフィア株式会社の登録商標です。 Starsphere K.K. All rights reserved.